レーザー脱毛

「肌を傷つけないレーザー脱毛」

 

レーザー脱毛は、ムダ毛の色が黒い日本人に向いている方法といえます。
ムダ毛の毛根にはメラニン色素がありますが、レーザー脱毛のレーザーは熱をメラニン色素のみに加えることができるので、肌を傷つけません。
使用するレーザー光線は特殊であることから、黒い色素だけに集中的に働きかけるので、発毛できなくなるよう毛包と毛根部を焼灼させます。

 

レーザー脱毛の技術は、本来しみやあざ、ホクロなどの施術のために誕生したものでした。
色素にのみ反応するという特徴から、応用として脱毛技術にまで発展したのです。
電気脱毛などに比べて痛みが少なく、短い時間広い範囲の脱毛が可能なので、多くの方たちに選ばれてきました。

 

脱毛方法によって、うぶ毛の脱毛が困難なことが多いのですが、医療レーザー脱毛であれば処理することもできます。
レーザー脱毛は数回受ける必要があり、1カ月〜2カ月の間隔をあけて行います。
毛量などの個人差も影響しますが、だいたい3〜5回受けることになるでしょう。

 

レーザー脱毛とひとことで言っても、さまざまな種類が開発されています。
ヤグレーザーと呼ばれる脱毛方法は、再び生える人が多いのであまり浸透していませんが、波長などの力を利用して行う技術です。
ダイオードレーザーという最新機器は、多くのサロンが採用しており、日本人の毛質や肌質に適しているといわれています。
アレキサンドライトレーザーも、波長などの力で脱毛する技術です。
ルビーレーザーは、白人の方に適したものなので、日本人にはあまり向いていないかもしれません。

 

ご自身の毛質や肌質を踏まえた上で、脱毛方法を選んでみてください。