ワックス脱毛

「すばやく広範囲を処理するワックス脱毛」

 

ワックス脱毛は一気に広範囲のムダ毛を処理できるので、急いでいるときなどにいいのではないでしょうか。
自己処理でもエステサロンでも行われており、昔からあるやり方です。

 

ワックス脱毛に使用するワックスは低い融点の固形油で、パラフィンやミツロウなどが利用されています。
毛根から除去するので、1回やれば2週間〜3週間はムダ毛処理をしないですむでしょう。
旅行の前や結婚式をひかえたときなど、永久に脱毛を希望しているのではなく、処理が必要なときにのみ適した方法です。

 

自己処理の方法としてワックス脱毛を行う場合のコツは、ムダ毛の生えている流れに従ってはがすことです。
多少痛みが軽くなりますし、肌にかける負担も少し軽減されるということです。

 

処理するムダ毛がある程度の長さまで伸びていないと、うまく取り除くことができませんので、長い方が上手にできます。
皮膚の古い角質まで、ムダ毛と一緒に除去できるといわれていますが、基本的に肌への負担がかかるので、脱毛をする前やアフターケアを入念にされることをお勧めします。

 

肌質は個人差があるものですが、肌の再生が早い方は、埋没毛になってしまう可能性があります。
埋没毛とは、処理したときに受けた肌のダメージから皮膚が自分自身を守ろうとして、ムダ毛が生えてくる前に皮膚の膜ができることです。
再びムダ毛が生えようとしても毛穴の外側を皮膚がおおっているので、毛が内側で伸びてうずを巻くような状態になります。
このようなことを避けるためには、アフターケアなどをしっかりと行うことです。