針・ニードル脱毛

「ニードルによる脱毛」

 

昔から行われてきた脱毛法に、ニードルによる方法があります。
ニードルとは針のことで、処理したいムダ毛の毛穴に専用の針を挿入して行います。
高周波もしくは微弱の電気を毛穴に流し、毛根部を破壊していくというやり方です。
使用する針はゴールドやチタンで加工されているのですが、理由は金属アレルギーの防止などのためです。

 

ニードル脱毛を行っているところは、医療機関とエステサロンがあります。
使用する針は絶縁針のようなコーティングがされていないことから、肌に色素沈着ができたり炎症を引き起こすことも考えられます。
医療機関では、もし脱毛によって肌トラブルが発症したときに、その場で適切な処置を施すことができます。
エステでは医療的な処置をほどこす資格がないため、病院などに行かなければなりません。

 

そのようなことを踏まえて、エステの方が弱い出力になっており、肌の負担が軽くなっています。
医療機関は、エステよりも強い出力で脱毛の施術ができるので、通う回数が少なくてすみます。

 

ニードル脱毛は毛穴1つずつに対して施術を行うので、一般的に時間がかかることを覚悟しておいた方がいいでしょう。
施術するスタッフさんによって、痛みの度合い違うということです。
脱毛の技術はいろいろな種類が登場していますが、中でもニードル脱毛は痛みがはげしい方です。

 

ニードル脱毛を受けるときは、ムダ毛がある程度伸びていないとできないので、予約を入れた前の数日間は、少しノースリーブなどの服装を着用しにくくなるかもしれません。
いろいろなことを踏まえて、脱毛技術を選んでみてください。