プラズマ脱毛

「多くのサロンが採用するプラズマ脱毛」

 

プラズマ脱毛は、多くのエステサロンなどが採用している方法です。
プラズマ脱毛に用いられているのは、これまでの医療用レーザー光線の波長より長いキセノンフラッシュ光線と、特殊偏光フィルムです。

 

プラズマ脱毛の原理はレーザー光を用いた脱毛機器と同様で、ムダ毛の毛根を光のエネルギーによって消滅させていきます。
施術を受けているときの肌の感覚は、ほんのり暖かいというくらいなので、ほとんど痛みはありません。
原理が同じ医療レーザー機よりも、肌に抵抗を感じることがないでしょう。

 

脱毛が完了するまで、何回か通う必要があります
ムダ毛には毛周期というサイクルがあるため、立て続けに施術を受けても意味がなく、1カ月〜2カ月ほど経ってから脱毛を行うことになります。
必要な脱毛回数は、処理したいムダ毛の範囲や毛量によっても個人差がありますが、一般的なプラズマ脱毛の目安は、4〜6回ほどといわれています。

 

プラズマ脱毛は、日本で普及するまでヨーロッパの白人の方々の間で効果を発揮してきましたが、国内では歴史がまだ浅いため、脱毛効果が永久に保てるかは確認できていないようです。
プラズマ脱毛を受けてみたいという方は、他の脱毛技術の場合にもいえることですが、その特徴や考えられるリスクについてなどサロンのスタッフさんにしっかりと説明を受けた上で、納得できた場合のみに申し込むようにしてはいかがでしょう。
現在では数多くの脱毛方法が開発されていますから、ご自身の肌質や毛質に適した技術を選びたいものですね。